ガウクルアってなんでしょう?

ガウクルア日本名プエラリアと呼ばれています。タイ国からの製品です。昔から乳房の発達や更年期障害に効果があるのではないかと言われています。数種類のガウクルアがある中、白ガウクルアが使われるそうですが、信頼のある会社が取扱い、タイ国の輸出の認定を受けたもので、品質が良いものを選ぶのがポイントになってきます。口コミも参考になりますし、ガウクルアがどんな物なのかも使用する前に、一緒に、しっかり調べておきましょうね。

スポンサードリンク

ガウクルア(プエラリア)とはなにか

ガウクルアとは、やまいもの仲間で、東南アジアのタイやミャンマーが原産国になります。

タイでは、今でもガウクルアの根をすりつぶして、はちみつなどと混ぜて固めたりして食べていると言います。

ガウクルアは、薬草だという声もあり、昔から乳房の発達や更年期障害に効果があるのではないかとされています。このガウクルアが注目を浴びるようになったのは、今から11年前の1998年だといいます。タイでも一番頭がいいとされている大学の準教授が、ガウクルアが女性の胸を豊かにする効果があると発表したのがきっかけだったそうです。

ガウクルアには、デンプン質、多糖類やイソフラボン、また、わずかではありますがビタミン類も含まれているそうです。
イソフラボンは大豆に含まれていることはご存知の方もたくさんいると思いますが、ガウクルアに含まれているイソフラボンの量というのは大豆とは比べ物にならないくらい多いといいます。

ですが、タイ政府は1999年にガウクルアを保護植物に指定したため、タイ以外の国へ原料として輸出することを禁止する方針を決定しています。なぜかというと、外国の企業がこぞって商品化を進めたため、タイが打撃を受けてしまうことを心配しての措置だったようですが、タイ国内で製品化したものは現在でも輸出することは可能だといいます。

ガウクルアの効果なのか?

ガウクルアと言う植物がバストアップに効果があると発表されてからというもの、とても注目されるようになったといいます。この、ガウクルアがバストアップの効果があると発表した大学の準教授が、乾燥したガウクルアの根から成分を抽出して、若干20歳の方から中年と呼ばれる45歳までの女性約100人に対して投与したところ、何と8割の女性がバストが大きくなるという衝撃ともいえるような事実が起こったといいます。

その中でも一番効果があったのが、飲み始めてから5日しかたっていないというのに約2.5センチもバストアップしたそうです。

塗り薬の場合は、30人のうち9割の女性に効果が見られたといい、1カ月で約5センチも胸が大きくなった人もいたそうです。

ガウクルアの効果をより一層あげるためには、ガウクルアと一緒にカルシウムなどを多く含んでいる牛乳や乳製品を食べること、そして運動することが秘訣だといいます。

ですが、やせている女性には効果が少ないともその準教授は語っていると言いますから、痩せ型の人にとってはちょっと悲しいですね。そして、実際に使ってみた人の声で、「タレ気味の胸がハリが出てボールのような感じになった」とガウクルアの効果についても感想を述べています。気になる方は、ぜひ、インターネットなどを利用して調べてみてください。

ガウクルア(プエラリア)の口コミ

ガウクルアとは、原産国で呼ばれている名前で、日本では別名でプエラリアとも呼ばれています。若い女性に人気のある雑誌でもバストアップの企画に掲載されたりと、効果の面からいっても大人気のバストアップサプリメントだといいます ガウクルアには、豆乳や納豆などの大豆製品にイソフラボンが含まれているのは誰でも知っていることだと思います。ですが、ガウクルアに含まれているイソフラボンの量というのは、大豆製品なんかに比べるとケタ違いに多く含まれているそうです。そして、ガウクルアの口コミには、飲み始めてまだ二ヶ月弱だという方は、「大きさとしてはまだ変わりがないような気がしますが、ハリが出てきているように思います。こういったバストアップの製品で反応があったのは今回初めてなので楽しみになりました」などといった嬉しい内容の口コミが多くありました。

出産をされた方は、よくわかると思いますが本当にハリがなくなってしまうんですよね。他は痩せているわけではないのに、胸の骨が浮いて見えてしまっている方はたくさんいると思います。女性の象徴でもあるバストが大きくなるなら、試してみてもいいかもしれないですね。ですが、痩せ型の方に対してはあまり効果が現れないことが多いと言いますから、ガウクルアを試す前にガウクルアについてきちんと調べてみましょう。

プエラリア(ガウルクア)の種類

プエラリア(ガウルクア)は、口コミなどを見ると、メスを使わない豊胸を期待できる健康食品とあります。女性なら少なからず興味のあるところですね。
健康食品なので、摂取量に規定はないのですが、サプリメントとローションがあり、ローションからする場合はパッチテストは必ず行い、皮膚に負担がないかどうか調べましょう。アレルギーと接触性皮膚炎とは違うので区別できるようにしましょうね。
接触性皮膚炎は、塗ったところが炎症や、赤くなることですが、アレルギー反応は塗った場所だけでなく、全身に発疹や異常が見られることです。皮膚炎はその成分が刺激のある成分であることが考えられ、アレルギー反応は、成分中に反応した方にとってアレルゲンが入っていたことが考えられます。まずは、パッチテストをしましょう。

●:ちょっと豆知識:●
健康食品などは、効果を確定することはできません。健康食品は医薬品ではないからです。医薬品なら、薬事法が適用され、扱える(販売するには特別な資格や許可が必要です)今回ガウクルア(日本では別名でプエラリア)の口コミ及びどうゆうものか調べました。日本で製造や販売をする会社は、薬事法以外でも、日本の法律が適用されます。どうゆうことかと言うと、外国からの直接輸入の場合、外国の販売会社に支払う形になりますので、個人の責任において購入することになります。そして、責任は外国の製造、販売会社になり適用されるのは、その外国の法律が適用されます。日本では、製造や販売が禁止になっていても、外国では許可されている場合があるのです。ガウクルア、やほかの健康食品のサプリがどこからの購入になっているのかをチェックすることは、とても重要な事項です。日本では健康食品などの相談は、消費者センターなど相談できるところがありますが、外国ではわかりませんし、調べるのも大変です。購入する場合は、これらを踏まえてから購入することをお勧めします。

ガウクルア(プエラリア)の質が問題です

プエラリアはタイでは、現在原料で輸出はできなくなっています。タイで製造されたものが多く、輸入されていますので、現地の業者が信頼できるかどうかがポイントになっています。タイでも重要な輸出品なので、政府の認定証が発行されているのも信頼のポイントになります。プエラリア(白ガウクルア)は大きなカボチャみたいな根っこです。何種類化ある中の効果のあるものを製品にしなければならないので、信頼の証が必要なのです。政府認定証や、品質ランクを目安にチェックしましょう。最高級のものは、タイ国厚生省輸出許可番号があるもの。そして、品質認定のAAA(トリプルA)。
(ご存じのとおり、日本の会社で販売する場合は、国内法が適用で会社が責任を負いますが、個人輸入は自己責任です。)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。